yagami2.jpg

何かあったとき、相談したい人がいる

子どもたちを地域で支える仕組み作りにあなたの力を貸してくだい。

私たちダイバーシティ工房は、2010年から千葉県市川市を中心に生きづらさを感じている子どもたちとその保護者に対し支援を行っている、市川市条例規定NPOです。

「いつかの自分みたいな子が安心して来れる場所を作りたい」

e47781_c122f1ad6f8c4c46b26001766666924d_

ダイバーシティ工房が運営する学習塾の卒業生で、現在はスタッフとして働く八神愛衣はそう語ります。
八神が工房と代表の不破に出会ったのは中学3年生のとき。工房が運営する「自在塾」の生徒としての出会いでした。

 

八神「自在塾に行ったのは、高校受験が迫っていた1月。入れる高校がなかったから毎日自習に行っていました。塾長(代表不破の父)が見に来てくれて「わからないところある?」って聞いてくれたり、不破さんのお母さんがおにぎりをくれたり、いつも応援してもらっていました」

そのころの思い出は「すき焼き」。みんなで囲んだ暖かく楽しい食卓がうれしかったといいます。

八神「授業だと思って塾に行ったら卒業祝いとしてすき焼きが用意されていて、「え!いいの!?」って言いながら、一緒に通っていたみんなとたくさん食べたのを覚えています。すき焼きなんてやる余裕もない家庭だったし、家族と仲良くなかったから、だれかと一緒に楽しくご飯を食べられるのもうれしかった」

その後高校に進学するも、学費が払えずに中退した八神はダイバーシティ工房に職員として勤務しながら通信制高校を卒業し、現在では子どもたちの支援に関わっています。
 

e47781_feca39c33e954d2eb8a132d64d1010ae_
八神さん写真.jpg

このような経験をする子どもは八神だけではありません。日本全体では現在7人に1人が「貧困」だと言われています※。


また、貧困だけではなく、障害や虐待など地域にはいろいろな背景を持つ子どもたちがいます。すべての子ども、すべての家庭が安心して暮らせる地域を目指してわたしたちは活動を続けています。

※厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」

なにかあったとき、ふと「相談しよう」と思える場所

わたしたちは家庭の経済力や障害を理由に、学校生活に生きづらさを感じている子どもたちとその保護者に対し

✔ 学習支援の専門集団
✔ 一人ひとりの子どもや家庭に寄り添う専門集団

として0歳から中高生までの切れ目のない支援を行っています。

子どもや親子を支えるような制度や機関は実はたくさんありますが、適切な情報にたどり着くことが難しかったり、制度間の狭間で悩んでしまうことも少なくありません。

 

「不本意な進学先を選択せざるを得なかった」
「子どものことを誰に相談したらいいかわからない」
「本人も周囲も障害特性を理解できず学校に行けなくなった」

地域で活動を続ける中で多くの人と出会い、たくさんの声を聞いてきました。目の前の人の"ちょっと困った"に合わせて、学習教室・カフェ・コミュニティスペース、保育園などをつくってきました。

制度があるものはうまく活用しながら、制度がないものは自分たちで手づくりをする「工房」として、これからも地域のみなさまと一緒に地域に根ざした活動を続けていきます。

事業図.webp

​10年間地域に根ざした活動を行ってきました

LINE相談事業「むすびめ」の開始

まだ私たちが支援を届けることができていない方たちに”手を伸ばす”アウトリーチ事業として2020年8月に新たにLINE相談事業を開始しました。事業開始から約半年間で約1,000件のご相談に応えることができました。

無料学習教室、コミュニティカフェの運営

地域にとけ込み、誰もが気軽に集まれるコミュニティスペース「地域の学び舎 プラット」を運営しています。中高生を主な対象とした食事つき無料学習教室や、子育て家庭向けのコミュニティカフェが開催されています。

学習に不安がある小中学生を対象とした学習支援事業:5拠点の運営

市川市、船橋市など5拠点で放課後等デイサービス事業を提供し、これまでに約700人の子どもたちに学習の機会をつくることができました。

​市川市の待機児童問題への取り組み:保育園の開設

全国でもトップクラスの待機児童数の多さだった市川市の待機児童問題の解決に取り組むため、「にじいろおうちえん」「そらいろおうちえん」を開設し運営しています。

自立援助ホーム「Le Port(ルポール)」の立ち上げ

自立援助ホームは様々な理由から帰る家がない15〜20歳の子どもたちが共同生活を送りながら自立を目指す場所です。2020年3〜4月に立ち上げのためのクラウドファンディングを実施し200名を超える方々にご支援をいただき、子どもたちの受け入れを開始することができました。

むすびめロゴ (3).png
コミュニティスペース・カフェ.jpg
スタジオplus写真.jpg
保育園.JPG
自立援助ホーム.jpg

数字で見る事業成果

保育事業

不安や不安が軽減した

94.7

発達支援事業

自分に満足している

73

アウトリーチ事業

学習でわかることが増えた

100

公的な制度だけでは足りない事業を手作りし続けていくために、

皆さまからのご寄付が必要です。

私たちは、地域の子育て、教育に必要だと考えたものを皆さまと一緒に手作りしています。

例えばこれまでにはクラウドファンディングで、保育園や自立援助ホームを開設しました。

現在私たちが力を入れているのは、まだ私たちが支援を届けることができていない家庭とつながるためのアウトリーチの活動です。一人でも多くの子どもとその保護者を支えていくために、資金の不足がネックとなっています。

マンスリーサポーターとして地域に根ざした継続的な活動をぜひ一緒に支えてください。

いただいたご寄付は以下のような活動に活用します

1000.jpg

​月1,000円で

小中学生を対象とした食事つき無料学習教室を2回分開催できます。

3000.jpg

月3,000円で

小中学生を対象とした食事つき無料学習教室で1か月分の食事を用意できます。

11182922.png

月5,000円で

無料LINE相談30人分の対応にあたることができます。

ご寄付をいただいた方には

22098.jpg

毎年、年次報告書を郵送

イベント.jpg

定期的に、イベントへご招待

活動報告イメージ.JPG

寄付者限定メルマガで活動を定期的にご報告

オフィスラウンジ

代表挨拶

私たちは「自分たちが住む場所が、少しでも暮らしやすくなるように」と考えています。

 

発達の特性が理由で学校生活がうまくいかない子ども達、家庭の経済状況で進学の選択肢が少ない子ども達、まだ働く準備ができていないのに、働くしか選択がないこども達。

自分の望む働き方では保育園に入れず、働きたくても働けない人たち。

 

自分達の身の回りで、このような状況に迫られている人が実はたくさんいます。そしてその状況に私たちは違和感を感じています。

 

誰もが安心して選択肢を持って暮らせるように、日常生活にある違和感や暮らしづらさを解消していくためには、たくさんの人のスキルやお金の協力が必要です。 ぜひ、私たちと一緒に日々の暮らしの中の違和感や不便を1つずつ解決していきませんか?

%25E4%25BB%25A3%25E8%25A1%25A8%25E6%258C

活動を支えてくださる皆さまの声

ご支援者の声

近藤牧子さん

 

大学で教員をしながら、認定NPO法人開発教育協会の副代表理事をしています。 自分の子どもたちが公立学校に通う中、友人たちが直面するひとり親(特に母子)家庭の大変さや特性のある子に対する周囲の理解と支援の難しさを感じていました。 ダイバーシティ工房を知ったきっかけは、2013年に明治大学で開催された「実践研究東京ラウンドテーブル」(対人支援や教育活動の実践報告研究会)のポスターセッションです。 「ニーズも意義もあることだ」と直感で思い、代表の考えから「ニーズに届く支援に向けて着実な組織経営ができそうな団体だ」と感じてマンスリーサポーターになりました。

寄付者近藤さん.png

Y. Oさん(50代女性)

 

広告代理店に勤めた後、同僚と独立。ロゴやHPなどのデザインの仕事をしています。ダイバーシティ工房を知ったきっかけは、テレビのニュースです。クラウドファンディングに応じたところ、寄付に対するお礼メールがとても丁寧なのが印象的でした。「ただ『すごいな』と傍観するのではなく、自分に関係あることとして捉えないと社会が悪くなっていくのではないか」と思いマンスリーサポーターになりました。

S.C さん(60代女性)

 

若い頃は金融関係で働いてニューヨークにもいました。結婚後に帰国して子どもを出産し、現在は専業主婦です。市川子ども文化ステーションの会員としても活動しています。 ダイバーシティ工房を知ったきっかけは、プラットでの映画上映会でした。経済的に困難な家庭が学習支援を受けられない、という不公平感を以前から感じており、こういう子どもの居場所が増えるといいなと思いました。市川で生まれ育ったこともあり、地元の団体を応援したいという思いからマンスリーサポーターに参加しました。

ご利用者の声

いつも泣いてばかりで、泣き声も他の子よりも格段に大きい、まとまった時間寝ない娘の状態に生後間もなくから悩んでいました。里帰り出産後はワンオペ状態。私自身も寝られず、娘が泣き出すとノイローゼ気味になることもありました。

「子どもと一緒に参加できて、私も大人と話せる空間が欲しい」と思ってみつけた先がプラットのコミュニティカフェです。 娘の発育の不安は行政に相談してもなかなか解消されなかったので、カフェでの育児や栄養アドバイスにも何度も助けられました。また娘の見守りをしてもらうことで、他のママさんたちとゆっくりお話ができる時間がすごく嬉しかったです。 それから、ここに来てから地域の繋がりが生まれ、道端で挨拶してくれたりスーパーで出くわす人が増えたりしたのもとても助かっています。

 はじめは「自分ひとりで何とかなる」と思っていたところがありましたが、育児に苦労する中で「やっぱりみんなの助けが必要」だと感じています。プラットなどでの環境変化を通じて、私自身娘から一歩離れてみることができるようになり、やっと、やっと育児が楽しくなってきたと思えています。

川崎恵美子さん(仮名)

寄付者2.png
寄付者3.png
黒板に向かう教師

地域に根ざした活動を多くの方に認めていただいています

メディア掲載

毎日新聞

毎日新聞.png

​読売新聞

読売新聞.webp

東京新聞/千葉日報/いちかわ新聞/日本テレビ「news zero」ほか​

受賞歴・助成歴

  • コープみらい 地域かがやき賞 & かがやき大賞(2019年度)

  • 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業(WAM助成)(2020年度)

  • みてね基金 新型コロナウィルス感染症に伴う子どもやその家族に対する困りごと支援への助成(2020年度)

  • パブリックリソース財団 ゴールドマンサックス緊急子ども支援基金(2020年度)

  • ちばのWA地域づくり基金 休眠預金 新型コロナウイルス対応緊急支援助成(2020年度)

  • 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 休眠預金等活用法に基づく新型コロナウィルス対応緊急支援助成(2020年度)

よくいただくご質問

​​毎月の寄付を止めたり、金額を変更することはできますか?

​毎月の寄付金額の変更及び、寄付の停止はいつでもお申し出いただくことができます。弊団体事務局までご連絡ください。

一度にまとめての寄付はできますか?

​はい、一回だけのご寄付もありがたく受け付けております。ご希望の方はこちらからご寄付をお願い致します。

領収書はもらえますか?

ご希望いただいた方に発行いたします。寄付お申込みフォーム内に領収書発行希望をお聞きする設問がございますので「はい」をご選択ください。ご希望をいただいた方には、毎年1月に前年一年間に弊団体が受領した寄付金の合計額にて発行いたします。

活動報告はどのようにしていますか?

ダイバーシティ工房のウェブサイト、FacebookやTwitterなど各種SNSの他、活動報告書、メールマガジンなどでお知らせしています。

税制優遇は受けられますか?

ダイバーシティ工房は市川市の条例規定NPOです。市川市民の方については個人市民税の寄附金税額控除が受けられます。​

寄附金の額(総所得金額等の30%が上限)から2千円を引いた額の6%が、個人市民税の所得割額から控除されます。

(例)10,000円を寄附した場合
   (10,000円-2,000円)×6%=480円・・・480円が控除されます。

団体概要

団体名称

所在地

代表理事

​職員数

​HP

特定非営利活動法人ダイバーシティ工房

千葉県市川市市川1-9-1 AKIOビル4階

不破牧子

106名(2021年6月現在、インターン・ボランティア含む)

最後までお読みいただきありがとうございます。

日々の暮らしの中で、
「あれっ?なんでこういう仕組みになっているんだろう?こうしたらもっと便利なのに・・・」とか
「えっ?なんでそうなるの?こういうことで困っているのに・・・」とか、
人生のライフステージのいろいろな場面で、社会の仕組みに対して疑問に思うことがあります。

そんなとき「でも、しょうがないよね。そういう決まりなんだから」
「わたしにできることなんて無い」とあきらめていないでしょうか。
もともと「ルール」は、みんなが暮らしやすい社会のためにつくられてきたもの。
でも社会は生き物のように日々動いていて、改善されることもあると同時に、新たな悩みの種も生まれてきます。

そのため「なんか変だ!」と思ったら、その違和感を大事にして一歩を踏み出すことが、自分だけじゃなくて同じように悩んでいる人、困っている人が暮らしやすくなるために大事なんじゃないかと思っています。

ダイバーシティ工房のビジョンは「すべての家庭が安心して暮らせる社会」、
そのために「自ら違和感・暮らしづらさを見つけて行動する」ことを価値に置いています。

あなたにできることが、ここにあります。みんなで力をあわせて、
「すべての家庭が安心して暮らせる社会」を目指して、一緒に行動しませんか?